任意整理後にもローンって組めるの?※疑問・不安を解消します!

任意整理後にもローンって組めるの?※疑問・不安を解消します!

任意整理後にもローンって組めるの?※疑問・不安を解消します!

任意整理は債務整理の中でも比較的気軽にできるものであり、多くの人が制度を利用するようになっています。
しかしながら任意整理においては債務者に一切の負担がないというようなことはなく、本来であれば返済をするべき債務を軽減したのですから、相応の負担を求められることとなるのは間違いありません。
中でも特に注意したいポイントとなるのが「任意整理後はローンを組めなくなる」ということです。
ローンにはいくつかの種類がありますが、任意整理をした場合には住宅ローンであろうと自動車ローンであろうと、組むことはほぼ不可能です。
これは何故かというと、任意整理は金融機関にとって「契約違反の行為」であり、その情報は信用情報に記録されることとなるからです。
そして金融機関がローン融資をするという際には間違いなく信用情報が参照されることとなりますから、そこに任意整理の事実が記載されていたのであれば、「この消費者は契約違反をしたことがあるから、信用をするにはリスクが高い」として判断をすることとなるのです。
しかしこの状況が永遠に続くのかと言われれば、そういったことはありません。
信用情報に記録される情報については、基本的な個人情報などを除けば全て記録期間が定められています。
任意整理の場合は基本的に「5年」が記録期間として指定されていますから、手続きが完了してから5年が経過すれば、また元通りにローンなどを利用できるようになるのです。