任意整理後のクレジットカードについて~気になる任意整理事情~

任意整理後のクレジットカードについて~気になる任意整理事情~

任意整理後のクレジットカードについて~気になる任意整理事情~

債務整理の方法の中でも最もメジャーなものが任意整理です。やはり人間だれしも裁判沙汰は起こしたくないものですが、政務整理の方法の中でも個人再生や民事再生、自己破産といったものの場合は裁判所に申請を行い、認可を受けなければなりません。その点任意整理の場合は弁護士と金融機関の間での交渉になりますので、裁判所が間に入ることはないのです。
しかしながら、この任意整理もしっかりと金融事故に該当します。ですから、これを行った場合にはその後新しいローンは何年間か組めなくなってしまいます。そして、ローンが組めないということは、同じような審査を行っているクレジットカードの発行もできなくなってしまうということです。クレジットカードには、それに付随するETCカードなどももちろん含まれます。ですから、各種の支払いはすべて現金で行わなければならず、高額の買い物をするためにもお金を少しずつ貯金して行っていかなければならないのです。クレジットカードのない生活というものは、おそらく皆さんが想像しているよりももっと不便なものであると思われます。
このような不便な生活を強いられるようになってしまう前に、きちんと借り入れた融資は毎月返済していきましょう。確実に毎月の返済を行っていけば、このように弁護士事務所のお世話になることもなければ裁判所のお世話になることもありません。返済計画をきちんと立てて、返せる分だけの借入を行いましょう。